入試制度概要

経済科学部入試制度

経済科学部には以下のような入試方式があります。最新の情報は広島修道大学入試情報サイト にてご確認ください。

総合型選抜 (旧AO入試)

広島修道大学経済科学部を第一志望とする人を対象とした入試です(専願)。合格した場合には入学する意思を明確にもっていることが出願条件になります。自己推薦で受験できます。経済科学部では講義理解力試験および面接、出願書類で判定します。

学校推薦型選抜(公募)

広島修道大学経済科学部を第一志望とする人を対象とした入試です(専願)。合格した場合には入学する意思を明確にもっていることが出願条件になります。 高校の「評定平均値」が出願基準となり、学校長の推薦が必要です。経済科学部では、英語方式、小論文方式(テーマ方式)、指定資格方式、英語資格方式の4方式があります。

一般選抜(前期日程)

募集人員が一番多いメイン入試です。試験の結果と調査書で総合的に判定します。A・B日程は、2科目型・3科目型受験のベーシックな入試です。 C日程は、所持する英語資格・検定によって加点があります。D日程は、高得点科目を採用して判定します。E日程は、高得点科目をより評価します。共通テスト利用選抜(前期日程)、一般・共通テスト併用選抜と併せて、複数回の受験が可能です。また、西日本各地での試験場を用意し、受験生のみなさんに少しでも余裕を持って受験してもらえるように配慮しています。

一般選抜(後期日程)

英語と国語の2科目で実施し、試験の結果と調査書で総合的に判定します。全ての学部・学科・専攻間で併願が可能です。

共通テスト利用選抜(前期日程・後期日程)

大学入学共通テストの成績と調査書で総合的に判定する入試です。本学の個別学力試験はありません。

一般・共通テスト併用選抜

一般選抜(前期日程)と共通テストのそれぞれの得点と調査書で総合的に判定します。

学校推薦型選抜(指定校)

本学が指定した高校の学校長推薦に基づく入試です。出願基準など詳細については、各高校の進路指導部に確認してください。

特別選抜

帰国生選抜、外国人留学生選抜があります。